葉酸が不足することによるリスク

葉酸が不足すると、体に異常が出てくる場合があります。まず、悪性貧血に罹りやすくなってしまうことです。

悪性貧血とは、体内に酸素が十分に巡らずに体内が酸欠のような状態になってしまいます。結果として、立ちくらみやヒドイめまい、簡単な作業での息切れ、さらに頭痛等に繋がってしまいます。これが悪性貧血の症状です。

悪性貧血の他にも、体内の傷の修復が遅れてしまったり、口内炎がなかなか治らないといった症状も出現してしまいます。

また、妊婦さんにとっても葉酸が不足することは非常に問題になってしまいます。この栄養素が不足してしまうと、赤ちゃんの発育に障害が起きてしまうからです。

細胞分裂や細胞の成長に、葉酸は欠かすことができません。他にも、先天性染色体異常(ダウン症)等のリスクを軽減するという研究結果もあります。葉酸の摂取には、ほうれん草や大豆の他に、サプリで補うという方法があります。

いずれの場合でも、葉酸の過剰摂取による副作用を防ぐために、用法・容量を守り適切な量を摂取しましょう。

男性も葉酸を摂取した方がいい?

妊娠を目指した活動を妊活と呼んでいますが、妊活をしている女性の多くが葉酸を摂取するようにしています。健康な子供を授かるためにも必要なものであるからです。

一般的には女性に特に必要なものと言われていますが、実際には男性にも必要なものと言えます。パートナーの女性だけでなく、男性も葉酸を摂取することで、様々な効果を得ることができるからです。

例えば、卵子の分裂にだけではなく、精子の分裂にも良い効果があるとされていることから、染色体異常などがなく正常な精子を作ることに繋がり、奇形となってしまうといった様々なリスクを下げることができるようになります。

妊活を適切に進めていく中で、女性にだけ原因があると考えるのではなく、男性も女性と同じように妊娠の確率を高め、健康な子供ができるようにするために、女性と同じように葉酸を摂取していくことが良いと言えます。

なお、量については、女性よりも少ない量で良いとされています。

You may also like