妊活には葉酸が欠かせない!

妊活するには、葉酸の摂取は欠かせません。何故葉酸が妊活にいいのかと言いますと、葉酸を妊娠する前から摂取しますと遺伝子を正常に保つ働きや流産を防ぐ働きもありますので、妊娠した場合に胎児が何事もなく健康に育ちやすいという利点があるからです。

健康な命には健康な母体に宿ると言いますから、妊娠前に積極的にとっておいたほうが赤ちゃんにも母体にもいいですよね。

また、着床の手助けもしてくれますので妊娠前からとることが一番いいですよね。ただ、妊娠したいからといってすぐすぐ効果が出るわけではなく、コツコツと飲み続けることが大切なのです。

野菜やレバーなどに多く含まれていますが、サプリメントが一番手軽に摂れますし、毎日続けられますのでオススメです。

妊活は精神的にも体力的にも苦労することがあります。ですが諦めずに続けることが赤ちゃんがきてくれるはずですので、赤ちゃんによりよい環境を整えてあげることが妊娠する上でとても大切です。

妊娠前から葉酸を摂取した方がいい理由

女性が妊娠した場合、誰もが最も気にするのは、胎児の異常でしょう。

一般的に、脳への影響が出る時期は妊娠4週目からだと言われています。脳への障害のひとつである、神経管閉鎖症による脳の二分脊椎症は、葉酸を積極的に摂取することによってリスクを軽減することができることが分かっています。

では、いつから葉酸を取り始めればよいのでしょうか。妊娠4週目というと、はっきりと妊娠を確認できない場合が多くあります。そのため、妊娠する可能性がある女性は、妊娠前から摂取し、妊娠した時には、すでに胎児が正常に成長することができるような体にしておく必要があります。

葉酸は、細胞のもとになるDNAを作るために必要となる栄養です。レバーやうなぎ,ウニに多く含まれています。野菜ではモロヘイヤやパセリに多く含まれています。しかし、妊娠初期はつわりで、食欲が出ない人も多いため、効率よく摂取することができるサプリメントの利用がおすすめです。

You may also like