葉酸が不足することによるリスク

葉酸が不足すると、体に異常が出てくる場合があります。まず、悪性貧血に罹りやすくなってしまうことです。

悪性貧血とは、体内に酸素が十分に巡らずに体内が酸欠のような状態になってしまいます。結果として、立ちくらみやヒドイめまい、簡単な作業での息切れ、さらに頭痛等に繋がってしまいます。これが悪性貧血の症状です。

悪性貧血の他にも、体内の傷の修復が遅れてしまったり、口内炎がなかなか治らないといった症状も出現してしまいます。

また、妊婦さんにとっても葉酸が不足することは非常に問題になってしまいます。この栄養素が不足してしまうと、赤ちゃんの発育に障害が起きてしまうからです。

細胞分裂や細胞の成長に、葉酸は欠かすことができません。他にも、先天性染色体異常(ダウン症)等のリスクを軽減するという研究結果もあります。葉酸の摂取には、ほうれん草や大豆の他に、サプリで補うという方法があります。

いずれの場合でも、葉酸の過剰摂取による副作用を防ぐために、用法・容量を守り適切な量を摂取しましょう。

男性も葉酸を摂取した方がいい?

妊娠を目指した活動を妊活と呼んでいますが、妊活をしている女性の多くが葉酸を摂取するようにしています。健康な子供を授かるためにも必要なものであるからです。

一般的には女性に特に必要なものと言われていますが、実際には男性にも必要なものと言えます。パートナーの女性だけでなく、男性も葉酸を摂取することで、様々な効果を得ることができるからです。

例えば、卵子の分裂にだけではなく、精子の分裂にも良い効果があるとされていることから、染色体異常などがなく正常な精子を作ることに繋がり、奇形となってしまうといった様々なリスクを下げることができるようになります。

妊活を適切に進めていく中で、女性にだけ原因があると考えるのではなく、男性も女性と同じように妊娠の確率を高め、健康な子供ができるようにするために、女性と同じように葉酸を摂取していくことが良いと言えます。

なお、量については、女性よりも少ない量で良いとされています。

Continue Reading

妊活には葉酸が欠かせない!

妊活するには、葉酸の摂取は欠かせません。何故葉酸が妊活にいいのかと言いますと、葉酸を妊娠する前から摂取しますと遺伝子を正常に保つ働きや流産を防ぐ働きもありますので、妊娠した場合に胎児が何事もなく健康に育ちやすいという利点があるからです。

健康な命には健康な母体に宿ると言いますから、妊娠前に積極的にとっておいたほうが赤ちゃんにも母体にもいいですよね。

また、着床の手助けもしてくれますので妊娠前からとることが一番いいですよね。ただ、妊娠したいからといってすぐすぐ効果が出るわけではなく、コツコツと飲み続けることが大切なのです。

野菜やレバーなどに多く含まれていますが、サプリメントが一番手軽に摂れますし、毎日続けられますのでオススメです。

妊活は精神的にも体力的にも苦労することがあります。ですが諦めずに続けることが赤ちゃんがきてくれるはずですので、赤ちゃんによりよい環境を整えてあげることが妊娠する上でとても大切です。

妊娠前から葉酸を摂取した方がいい理由

女性が妊娠した場合、誰もが最も気にするのは、胎児の異常でしょう。

一般的に、脳への影響が出る時期は妊娠4週目からだと言われています。脳への障害のひとつである、神経管閉鎖症による脳の二分脊椎症は、葉酸を積極的に摂取することによってリスクを軽減することができることが分かっています。

では、いつから葉酸を取り始めればよいのでしょうか。妊娠4週目というと、はっきりと妊娠を確認できない場合が多くあります。そのため、妊娠する可能性がある女性は、妊娠前から摂取し、妊娠した時には、すでに胎児が正常に成長することができるような体にしておく必要があります。

葉酸は、細胞のもとになるDNAを作るために必要となる栄養です。レバーやうなぎ,ウニに多く含まれています。野菜ではモロヘイヤやパセリに多く含まれています。しかし、妊娠初期はつわりで、食欲が出ない人も多いため、効率よく摂取することができるサプリメントの利用がおすすめです。

Continue Reading